ネットビジネスの種類

ネットビジネス

ネットビジネスの種類

ヨコさん
ヨコさん
ネットビジネスの種類についてお伝えします。

ネットビジネスを選ぶ際のポイントをおつたえします。ネットビジネスは種類が多いため、ポイントを押さえて選択する必要があります。

収益性が高く稼げるかどうかで選ぶ

ネットビジネスでは、選ぶ仕事によって稼げる金額に大きな差があります。月に数千円程度のネットビジネスもあれば、数十万円稼げるものもあります。時には、数百万円もの収入を得られるのがネットビジネスの特徴です。

そこで、まずは、自分が稼ぎたい目標金額について考えてみましょう。稼ぎたい金額を狙えるネットビジネスを選ぶことが特に重要なポイントとなります。

いまの自分のスキルを活かせるかで選ぶ

自分のスキルを活かせることや自分の好きなことができる仕事を選ぶことも重要です。既にあるスキルや過去に体験した問題解決の方法は、楽に取り組む事が仕事ならば、稼げる可能性はさらに高くなるでしょう。

少しずつ始められるかで選ぶ

基本的にネットビジネスは本業と並行し、副業という形で始める人がほとんどです。
そのため、本業に影響が出ないように空いている時間を使って作業ができる仕事を選ぶ必要があります。本業の仕事に支障が出るような仕事はおすすめできません。心身ともに無理しない程度にこなせる仕事を選べば、ネットビジネスは続けやすくなるでしょう。

自動で動くか否かで選ぶ

自分が組み込まれなくても動くネットビジネスを選びましょう、これは最終的に不労所得を得られる仕組み作りには必須条件です。

お勧めのネットビジネスランキング

ここでは、ランキング形式で9種類のネットビジネスを紹介します。ネットビジネス選びのポイントを踏まえて、どんなネットビジネスが始めやすいかを考えてみましょう。

アフィリエイト お勧め度:★★★★★

アフィリエイトは、ホームページやブログなどに広告を張り付け、広告から商品が購入されれば、報酬が発生するネットビジネスです。さまざまなネットビジネスがあるなかでも、アフィリエイトはメジャーな方法とされています。

基本的には記事を書いてそこに広告を貼るだけという作業になるため、そこまで難しい作業がないことも魅力です。それでいて、場合によっては月に数十万円を稼げる可能性があるという魅力があります。

アフィリエイトを始めるためには、ホームページやブログを開設する必要があります。
無料のブログを利用して始めることもできますが、私はお勧めしません。それは閉鎖や規約などの条件がリスクとなるからです。レンタルサーバー代やドメイン代のみなので、年間1万円程度の費用で始められるので、独自サイトを作成する事をお勧めします。

アフィリエイトで収入を得るためには、検索で上位表示される必要があります。上位表示されることでアクセスが集まるようになれば、収益が一気に増えることも珍しくありません。

ただし、上位表示されるようになるまでは、記事を書き続けなければいけませんし、SEO対策も必要となります。収入が得られるようになるまでの数カ月ほどは、無収入となる可能性が高いことも覚えておきましょう。

代表的なアフィリエイトの種類

サイトアフィリエイト、ブログアフィリエイト、メルマガアフィリエイト、PPCアフィリエイトなどがあります。どのアフィリエイトでも仕組みは簡単で、自分の作った媒体に広告主が発行するアフィリエイトリンクを貼ります。そのアフィリエイトリンクから商品が売れれば、広告収入が得られるというわけです。

サイトアフィリエイトの中で、まとめサイト運営は効果的だと思います。特定のジャンルの情報をまとめ、分かりやすくしたものがまとめサイトです。

まとめサイト運営では、自分で記事を書く必要があまりないというメリットがあります。
基本的にはニュースなどをもとに情報を収集してまとめる作業となるため、特別なスキルがなくても始めることができます。だし、情報をわかりやすくまとめて伝えるには、ある程度のライティングスキルと情報リサーチ力が収入を得るためには重要となります。

アフィリエイトの基本的なやり方。

レンタルサーバーを用意。
ドメインを取得 。
サイトを立ち上げる。
商材を選ぶ 。
キーワードを選ぶ。
記事を書く 。
アフィリエイトリンクを置く。

必要条件と評価

読者の心に刺さるブログを書くスキルが必要です。またYoutube動画の情報配信などのSNSを活用してリードを集める事で売上拡大する可能性は大きくなります。独自情報販売と併せて行う事で収益性は大きくなる可能性は広がります。

独自情報販売 お勧め度:★★★★

独自情報販売というのは、その人独自の情報やスキルなどを販売するネットビジネスの種類です。
独自情報販売では、すでに自分が持っている知識やスキルなどを販売するのが一般的です。
情報そのものが商品となるため、利益率が非常にいいこともメリットです。

新しく何かを学んだり、スキルを習得したりする必要もないので、情報が売れるようになれば、どんどんと利益を上げることができます。

独自情報販売の種類

ツール販売、スキル販売、情報販売。

ツール販売
ツールやWordPressのテンプレートなどを開発し販売するのも独自情報販売です。こちらは開発スキル等が必要なので誰でも簡単にできると言うわけではありませんが、自分だけのオリジナルツールやテンプレートを販売することで差別化を図ることができます。

スキル販売
自分だけの情報や商品がなくても、スキルを販売することもできます。ココナラなどのサービスを使えば、「自分ができるちょっとした事」を販売することだってできます。

個人で稼ぐための武器となるスキルは他にもこんなものが考えられます。

例えば
あなたに似合うファッションのトータルコーディネートをします。
フェイスリグのアバターを作ります。
アイキャッチやサムネイルに使うイラストを作ります。
悩みを解決するための20の習慣を教えます。
短時間でプロのようなランディングページ作成支援ツールを販売します。

このように独自情報販売のメリットは、基本的に自分だけのオリジナルを独占販売できることです。利用するサービスによって多少の手数料がある場合もありますが、アフィリエイトと違いほぼ100%が利益になります。

知名度の低い人が書いた情報は、あまり信頼されませんし、お金を出して情報を買おうと思う人はなかなかいませんので、ブログ記事で知名度を上げたり、効果的なランディングページの作成する必要があります。

また、情報販売で収入を出していくためには、自分自身の信頼度を上げるために実績を積むことが必要になります。ホームページやブログを作成して記事を書いたり、SNSなどで情報を発信したりすることも必要です。自分をしっかりとプロデュースできる人に向いた仕事といえます。

必要条件と評価

独自情報コンテンツは利益性も良く、アフィリエイトの商材を合わせて販売すれば効果的です。
自動化の仕組みになるコンテンツで、販売プラットホームもたくさんありますのでお勧めです。

仮想通貨 お勧め度:★★★★

電子決済の手段として使用できる通貨を仮想通貨と呼び暗号通貨とも呼ばれ、インターネットの普及とともに注目を集めるようになりました。仮想通貨を使用することで送金が早くなったり、海外でも手軽に決済ができたりといったメリットがあります。

また、仮想通過は新たな投機先としても注目を集めていますが、仮想通貨は値段の変動が非常に激しいという特徴があります。少額からの投資も可能ですが、損失を被る可能性も高いでしょう。

デメリットとしては、雑収入扱いですので税金が高い事です。
仮想通貨にかかる税金は雑所得税となるため、ほかの投資方法と比べて雑収入の支払う税金の額が最大55%と大きくなるのです。大きく稼げる可能性があるものの、税金についてはあらかじめ、知識を得ておく必要があるでしょう。

必要条件と評価。

長期投資としてお勧めです、特にビットコイン、イーサリアムをお勧めします。
私は少額ですが投資していますので毎日チャートを見るのが楽しみです。
1年で約10倍になりました、今後も大きくなる可能性はあると思っています。

クラウドソーシング お勧め度:★★★

クラウドソーシングは、利益を出しやすい仕事ですが、自分が組み込まれなくても動くネットビジネスにはなりません。

クラウドソーシングは、仕事を依頼したい依頼主と仕事をしたい人をインターネット上でマッチングするサービスで、この仕組みを活用したのがクラウドソーシングサイトです。クラウドソーシングサイトを使えば、集客業務を代行して頂けますので、自分で営業しなくても募集されている案件に応募するだけで、仕事を得ることができます。休日の空いた時間に自宅にいながら、手軽に仕事を受注できることがクラウドソーシングのメリットです。

クラウドソーシングサイトでは、さまざまなジャンルの仕事が紹介されています。データ入力などのスキルが不要な仕事もあるため、自分の力量に合わせた仕事を選ぶことができます。嫌な仕事は選ぶ必要がないため、心身にストレスをかけずに仕事をすることができます。

また、自分のその時の都合に合わせて仕事を受注できるので、自由な働きかたが可能です。時間に余裕があるときは大きめの案件を受注し、時間が取れないときには小さな案件を受注することもできます。

ただし、クラウドソーシングサイトに登録したばかりの頃は、なかなか仕事を受注できないことがほとんどです。そのため、まずは、安い単価でもどんどん仕事を受注して実績を積むことが大切です。十分な実績ができれば、一つの仕事で稼げる金額も増え、まとまった収入を得ることもできるようになると思います。

仕事の内容としては、ライティング、デザイン、ウェブ制作、アンケートデーター入力などがあります。この中でも、ライティング業務についてはかなりメジャーなネットビジネスの種類にあたるのではないでしょうか。

稼げる金額としても、一概には言えませんが、概ね1文字1円前後で受注するとして5000文字書けば5000円です。クオリティーの高い記事を納品すれば、クライアント側から継続的に仕事の発注をもらうことができるので収入的にも安定してきますね。

お勧めのクラウドソーシングの会社

ランサーズ
まずは会員登録 (カンタン1分) 、ランサーズがおすすめ案件をお知らせします、プロフィールを見た依頼主から、直接相談も、自分で案件を探して応募も可能!

クラウドワークス
業界No.1のクラウドワークスだから、どんな仕事にも対応できるワーカーが揃っています。あなたの仕事の悩みを解決するワーカーが、最短1分で見つかります。

必要条件と評価

収益性は早い段階で期待できますが、得意なスキルが必要となります。
自動化の仕組みにはなりません。

ハンドメイド販売 お勧め度:★★★

自作のアクセサリーや鞄などを自分が運営するオンラインショップで販売することも方法の一つです。実店舗を開店するとなるとまとまった資金が必要となりますが、ネットショップならば、少ない資金で自分だけのショップを開くことが可能です。

また、全国の人に対して商品をアピールすることができるので、商品販売においては人気のネットビジネスです。基本的には、自分で作った作品を販売するため、自分の興味のあるものや好きなものを販売できるのが魅力です。ハンドメイドが好きという人ならば、趣味をそのまま、ビジネスに活かせるでしょう。

自分の作品が人に喜んでもらえるというやりがいを感じることもできるため、ハンドメイドが好きな人には大変おすすめです。しかし、ネットショップを開設しても集客をしなければ、商品はなかなか売れません。

そこで、SNSを活用したり、ブログで集客をすることが売り上げに大きく影響します。
商品の作成や発送作業にも時間を要するようになるため、事前に計画的に作業ができる環境を整える必要があります。

必要条件と評価

小さな利益を上げる事は比較的早くできますが、自動化の仕組みには商品作成や発送がネックとなります。売上が大きくなっても作成や発送に手間がかかります。従ってハンドメイド販売は自動化の仕組みには不向きと言えます。

転売 お勧め度:★★

簡単に言うと、仕入れ価格と販売価格の差額を利益にするネットビジネスの種類です。転売の中には分類されるいくつかの種類があります。

せどり
メルカリ
オークション
輸入転売

販売はYahoo!オークションだったり、メルカリ・BASEなどのネットショップを立ち上げて販売します。仕入れる場所については、ディスカウントストアや、家電量販店、Amazonなど複数あります。それによって呼び方も変わりますが、差額を利益にするという点ではどれも同じです。

難しいのは配送業務とリサーチの2点です。

配送作業
基本的に売れた商品は発送しなければなりません。私も転売をしていた事がありますが、発送作業は非常に骨が折れます。発送作業を外注することもできますが、儲けがまだ出ていない最初の頃はそれも難しいですよね。

リサーチ
経験のない初心者では、価格差のある商品を見つけることが難しいのです。
ライバル状況から考えての売れやすいプライシングも感覚をつかむまでは大変です。そう考えると、時間がたっぷりあり根気のある人に向いているネットビジネスの種類になるかもしれません。

必要条件と評価

小さな利益を上げる事は比較的早くできますが、自動化の仕組みには仕入や発送がネックとなります。

Youtuber お勧め度:★★

YouTubeも結局はアフィリエイトと一緒で、動画を再生する際に広告が入ります。アドセンス広告と言ってクリックされることで YouTuberに報酬が入る仕組みになっています。ただしクリック単価は、とても小さいので稼げません、有名なYouTuberは別ですが、有名になるまでは稼げません。

ということは、たくさん稼ごうと思えばチャンネル登録者数と動画の再生数が命になってくるということです。そのため、実際に収入を得られるようになるまでには、ある程度の期間が必要です。

Youtube動画をアフィリエイト商品や独自情報コンテンツの紹介をして集客に活用する事はお勧めです。需要のある動画を作り、更新頻度を維持する事でチャンネル登録数も増えて、ブルーオシャンのリードが集まることになります。

必要なスキルは

企画力、トーク力、編集力、動画構成のまとめ方、少なくともこれらのスキルが必要になります。ゼロベースの初心者が参入するには難しいネットビジネスの種類になるかもしれません。動画編集スキルはこれからの時代では売れます。

YouTuberは、ゼロベースの初心者がいきなり参入するのは難しいですが、編集技術があるのなら動画編集もおすすめです。YouTube参入者が増えている今、動画編集者はとても需要のあるネットビジネスの1つだと思います。動画編集するのは、結構時間がかかります、そう考えると副業で動画編集をするのは結構大変かもしれませんが、時間があって編集が得意なら需要の高いビジネスだとは思います。

ただし、再生数を増やすためには時間がかかります。Youtuberとして有名になるためには、魅力のある動画を数多く作成し続ける必要もあるでしょう。

また、動画は撮影するだけでなく、編集作業をすることも欠かせません。一つの動画を投稿するには、ある程度の手間がかかることも念頭に置いておきましょう。

必要条件と評価。

収益の柱にするためには、難易度が高いと思います、それは企画力、トーク力、編集力、動画構成のまとめかた、少なくともこれらのスキルが必要になるからです。アフィリエイトや独自情報商材の宣伝媒体として活用はお勧めです。

株式投資 お勧め度:★

株式投資は、大きな金額を投資しておけば、その分大きく稼げる可能性があるので、資産を短期間で増やしたい方におすすめです。しかし、大きく損をする可能性がある点にも注意が必要です。特にデイトレードは初心者にはお勧めしません。資金が枯渇して市場からの撤退するかたがほとんどです。

特に、レバレッジを利かせて初回から大きな取引をしてしまうと、損失も大きくなり失敗しますので、お勧めしません。大きな取引をするのは、投資に慣れてきてからにする必要があります。

必要条件と評価

株式投資を行うなら長期投資をお勧めします、株価の増減で利益を得るのではなく配当金で設ける事です。その為にはある程度の投資資金が必要です。

FX投資 お勧め度:★

FXとは、異なる通貨の売買をする投資の方法で、安く買った通貨の価値が上がり、高く売却できれば、その差額が利益となります。株式投資とは違い、少額から始めることができるため、投資としてのハードルは低めといえます。すぐにでも投資に参加できるというメリットもあります。FXは平日ならば、24時間いつでも取引ができます。

日中は忙しいという人でも、FXならば副業として始めやすいでしょう。FXでは、売った後に買い戻すという取引ができるため、景気に左右されにくいという点もメリットです。

損をする可能性も高く、ほとんどのかたは経験します。口座に残っている証拠金が不足して信用ラインを下回ってしまうと、強制的に取引を完了させられてしまいます。損をしないためには、正しい知識を蓄えて常に情報を仕入れていくことが大切です。

必要条件と評価

高度なスキルが必要となりますので初心者にはお勧めしません。

テキストのコピーはできません。
タイトルとURLをコピーしました